トップ  >  ご挨拶

ご挨拶

さんクリニックは、平成25年5月1日に開院して、5年目を迎えようとしています。
当初から指向していた、アウトリーチ(訪問看護や、往診を含めて)では、治療抵抗性統合失調症に効果が期待できるクロザピンというお薬を、クリニックで処方できるようにし、より幅広い患者さんを地域で支援できたように思います。

平成29年4月1日から、当院の母体である三和中央病院の訪問看護部門と、さんクリニックの訪問看護部門が、「訪問看護ステーション・あんしん」へといわばバージョンアップすることになり、さんクリニックの訪問看護部門はなくなります。

部門はなくなりますが、毎週火曜日午後はクリニックからの訪問看護が可能な体制にしています。
また、毎週木曜日午後は、往診可能です。精神保健福祉士(PSW)による、相談体制も整えましたので、今後とも、アウトリーチ指向を持った診療を行っていきたいと考えています。

開院時の「ご挨拶」で触れていたように、職員は、白衣ではなく私服での勤務となっています。
表情がわかるようにと、マスクもなしです。皆様との距離が近くなっているでしょうか?

小さな工夫が積み重ねられるような診療が目標です。

これからもよろしくお願い申しあげます。

 

hana

さんクリニック院長
松本 喜代隆